iPhone

現在、日本国内で最もユーザー数の多いスマートフォンとなっているiPhoneが発売されたのは、2007年です。2007年と言えば、日本国内では、ガラケーを使用している人が大半を占めていましたが、徐々にWindows Mobileを搭載しているスマートフォンなどが認知されてきた時代でした。日本国内では、海外と比べて、ガラケーの進化が凄まじかったこともあり、発売当初の不安定なスマートフォンよりも使いやすいという方もいて、中々スマートフォンの利用者が増えなかった時代でした。

しかし、初代のiPhoneが発売されたアメリカの熱狂を見た日本人の多くが興味を持ちました。すでにパソコンにiTunesをインストールして音楽を楽しんでいたり、Apple製のiPodが多くの方に受け入れられていたということもあり、Appleが作った初めてのスマートフォンに対して好印象を持っている方が多かったのも事実です。

日本では、二代目のiPhoneとなったiPhone 3Gから、国内で購入、使用することができるようになりましたが、このiPhone 3Gは、いきなりスマッシュヒットを飾り、多くの方がガラケーからスマートフォンへの乗り換えをしました。